イビサクリーム 唇

MENU

イビサクリームと唇のケア

イビサクリームは、デリケートゾーン周辺など、お肌が敏感な箇所にも問題なく使用することができる美白クリームです。

 

無添加で刺激の無い成分が配合されていることにより、敏感なお肌に対して刺激の心配をすること無く、黒ずみの予防や解消として使用することができるのです。

 

しかし、唇に対しては、公式サイトなどを確認しても使用することができると言ったことは書かれていません。

 

刺激フリーであるため、唇に使用しても問題は無いかもしれませんが、黒ずみ対策としての効果は、他の身体の部分とは異なるように思います。

 

イビサクリームを唇に使用した方の口コミ

実際にイビサクリームを使用した方の口コミを調査してみると、唇に使用してみた方もいらっしゃるようです。

 

唇にイビサクリームを使用したことによる問題は見られていませんが、黒ずみ対策というような効果はほとんど表れていないようです。

 

唇に使えないことは無いのかもしれませんが、唇には、唇に特化したケア商品を使うのが無難で安心なのではないかと思います。

 

イビサクリームが唇に効果がない理由

口コミのサイトをチェックしてもわかるようにイビサクリームは、唇が黒ずんでいるようなケースにはほとんど効果を表していないようです。

 

その理由のひとつとして、唇の皮膚の組織にあると考えられます。

 

唇は、他の身体の部分と異なりメラニンが発生するということが限られるのためなのです。

 

唇がくすんでしまうといった人は、メラニンが影響している訳では無く、いつも使用しているリップや口紅に関連している可能性が考えられます。

 

イビサクリームは、メラニンを抑制することによって黒ずみを解消に導くことから、メラニンが多くない唇に対しての効果はほとんど実感は無いのではないかと考えられます。

 

イビサクリームが効果を発揮する部分

唇はメラニンが殆ど生成される事が無いということにより黒ずみに対する効果を得られる事が少ないです。

 

その一方で、他の身体の部分で、黒ずみが要因のメラニンにはイビサクリームを使用することにより、気になっている黒ずみを解消に導くことが可能です。

 

メラニンは、お肌に対する刺激が原因で起こり、お肌の組織を守る事により生成されます。

 

下着の圧迫や摩擦で黒ずみが発生しやすいデリケートゾーンや乳首、脇の黒ずみに効果を発揮します。

 

更には、ムダ毛処理によってお肌への刺激が影響してしまい、メラニンが蓄積されてしまうことにより黒ずみが発生してしまう場合もあります。

 

ムダ毛処理によって起こってしまう黒ずみは、脱毛部分でも多い部位でもある脇の下やVIOラインです。

 

このような箇所のお肌は他の部分と比べてみてもとても敏感で、わずかな刺激でも影響を受けやすいのです。

 

黒ずみ解消のクリームを使うにしても、なるべく刺激の無い商品を選択する事が大切になります。

 

イビサクリームは、無添加刺激フリーのため、このようなデリケートな部分のお肌に不安なく使用することができる商品なのです。

 

 

TOPページでは、黒ずみ改善クリーム『イビサクリーム』について紹介しています。
安全に美白効果を実現したい方のために、イビサクリームの口コミ・効果・最安値
での購入方法・解約方法・配送方法などお得な情報を掲載しています。